40代から変わってくる肌質の変化を改善する方法

40代から変わってくる肌質の変化を改善する方法

 

  • 最近10代、20代の頃に比べて肌のハリが無くなってきた
  • 肌の小ジワやたるみが気になるけど、どう対処すればいいのか分からない

40代前後の女性の方の中には、こうした加齢による肌質の変化にお困りの方も多いのではないかと思います。

そこで、今回は何故加齢によってお肌の質は変化してしまうのか?また、その対処法は何なのか?というのをご紹介していきたいと思います。

しっかりと正しい知識をつけて、加齢に負けない美しい肌を保っていきましょう!

40代から肌質はどう変わってくるのか?

それでは、まずは40代前後から肌質はどのように変化していくのかを解説していきたいと思います。

40代前後になると、加齢の影響によって女性ホルモンの分泌が徐々に低下していきます。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、ヒアルロン酸やコラーゲンと言った肌の水分を保ってくれる成分の分泌を促す効果があります。

このエストロゲンが減少してしまうことによって、肌の保水力が低下してしまって乾燥肌になってしまったり、肌のハリがなくなってたるみや小ジワの原因になってしまうということですね。

さらに、肌の保水力が低下することによって、肌を外部からの有害な物質から守ってくれるバリア機能も低下してしまうため、紫外線や細菌などの悪影響も顕著に表れやすくなってしまいます。

その結果、ニキビなどの吹き出物やシミなども出来やすくなってしまいます。

保水力を保つための身体機能が低下してしまうのが肌質の変化の原因ということですね。

40代からの肌質を改善するにはどうすればいいか?

では、そうした40代前後からの肌質の変化に対処していくにはどうすればよいのでしょうか?

お肌のトラブルというのは、大まかに言うなら「肌の保湿能力が低下していることが原因」というものが非常に多いです。

そのため、

  • 肌の保湿に必要な成分を補う
  • 体に元からある、肌の保湿に必要な機能を正常に保つ

というのが主な対策になります。

それでは、そのための方法についてご紹介していきたいと思います。

1.ヒアルロン酸などの保湿成分を配合している化粧品を選ぶ

前述の通り、加齢によって女性ホルモンの分泌が減少すると、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの肌の保湿に重要な成分を生成する力が弱ってしまいます。

そのため、足りない成分を外部から補うというのも有効な手段の一つです。

化粧品を選ぶ際は、ヒアルロン酸やセラミドなど、肌本来が生成するはずの成分を含んでいるものを意識して使用するように心がけましょう。

2.女性ホルモンの分泌を促す食べ物を摂取する

女性ホルモンの分泌が減少するなら、女性ホルモンの分泌を助けるものを食べて補えばいい!…というのも単純ではありますが、理に適った方法です。

例えば、大豆製品などを意識して摂取するのも効果的です。

大豆に含まれるイソフラボンは、前述のエストロゲンに似た働きをするので結果的に肌の美容に効果があります。

他にも、キャベツに含まれている成分であるボロンはエストロゲンを活発にさせてくれる効果があります。

また、女性ホルモンの主な材料となるのはタンパク質とコレステロールですので、適度な油分を摂取することも重要です。

例えばオリーブオイルや卵、アーモンドなどには良質な油分が含まれているので、過度に摂りすぎない程度に意識して摂取していくとよいでしょう。

3.適度な運動を心がける

女性ホルモンであるエストロゲンは、適度な運動でも増加すると言われています。

そのため、毎日少しずつでもいいので適度に体を動かすようにすると効果的です。

気軽に行えるウォーキングや、体を痛めにくい水泳などが運動として適していますが、もし忙しくて中々運動する時間が無いと言う方は、思い切って部屋にエアロバイクやウォーキングマシンを導入してみるのもいいかもしれませんね。

女性ホルモンの分泌を助け、加齢に負けない肌作りをしよう!

今回は40代前後から肌質が変化してくる原因と、その対処法についてご紹介させていただきました。少しでもあなたの美肌作りの助けになれたなら幸いです!

お肌のトラブルも、しっかりとその原因を理解していれば、必ず対処法を見つけることができます。

ただ闇雲に化粧品を高い物に替えたりするだけではなく、しっかりとお肌のと体の知識を取り入れ、正しい対処でいつまでも美しい肌を作りましょう!

スキンケアカテゴリの最新記事